賃貸の家賃の交渉術とその他の交渉

賃貸の家賃の交渉術とその他の交渉

賃貸を不動産で選ぶ時、ほとんどの人が不動産会社で表示されている家賃の値段のまま契約をすることがほとんどです。
しかし賃貸物件でも家賃の値下げを交渉することはできないわけではありません。
もちろん必ず値下げをしてもらえるわけではありませんが、不動産会社からオーナーにお伺いをしてもらうことは可能です。
賃貸の家賃の交渉をする時のポイントは、その物件がどのようなものなのかを知っておく必要があります。
当然ですが人気のある物件は何もしなくても次々に借り手が現れるので値下げする必要はありません。
しかし空室になってから数カ月たっている物件は、早く次の借り手を見つけたいという思いから、値下げしてもらえる可能性があるのです。
また春先など引越しシーズンは人の出入りも激しいので値下げの交渉は難しい時期だといえます。
その他のポイントとしては、家賃ではなく供益金の方が値下げをしてもらえる可能性もあります。
まずはいうだけいってみるというのが大切です。

賃貸の家賃の交渉術が通用する理由

不動産賃貸か売買で迷っている方も多いかと思いますが、今回は一つテクニックを教えたいと思います。
お部屋探しをする上での条件として皆さんが気にされることといえば、立地、設備、周辺の環境、アクセスなど様々理由があるかと思いますが、特に重視するのは家賃面だったりしませんか? そこで今回は賃貸の家賃や初期費用を抑えるテクニックを皆さんに教えたいと思います。
お部屋探しをする時期がキーポイントになります。
どうしても2月から3月頃になると配属部署の異動や新入生が入学、卒業があるためお部屋の動きが多くなります。
そうすると、お部屋探しをする人の需要が多くきになる物件があったらすぐなくなってしまいます。
そのため、オーナー様は基本的に家賃を下げなくても収益をあげることができます。
引越し業者も同様で時期によってかなり料金の差がでてきます。
つまり家賃や初期費用を抑えたいという方は時期を見計らって交渉してみてください。
オーナー様は早くでも入居してもらい収益を得たいはずなので多少安くしてでも入居させたいはずです。

コンテンツ
新着情報

◎2024/6/3

情報を更新しました。
>賃貸物件で実践したい防犯対策のポイントとお役立ち情報
>賃貸物件での楽器演奏のコツと注意点についての解説とアドバイス
>賃貸物件における壁面収納の活用法とインテリアコーディネートのポイント
>高齢者向け賃貸物件選びのポイントと安心して暮らせる住環境の提案
>賃貸生活を賢く節約するための家賃交渉術とそのポイント

◎2017/8/21

賃貸アパートで演奏
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

賃貸を借りる時の保証人
の情報を更新しました。

「賃貸 理由」
に関連するツイート
Twitter

いつか旦那が火の元の不始末で賃貸マンション丸焦げにするより先にどうでもいい理由で死にたい。最悪な巻き込まれ方したくない。

怒鳴り散らして暴れ散らかして賃貸破壊するクソ野郎は本当に冗談抜きで死ねよ。 ご愁傷さまなこと、とは思うけど、だからと言って八つ当たりしていい理由にはならないだろう。ってかそもそも、私の身内が亡くなった時はヘラヘラしてたくせにテメェの時はそのザマかよ。くそが。消えろ死ね。いなくなれ

・体験談・賃貸ライフ7つのメリット・「持ち家か、賃貸か」・まずは実際に感じたことを挙げてみるよ ・ウォーキングを趣味にするとお金が貯まる7つの理由

店長あるゾウです 賃貸物件の家賃更新時の値上げは拒否できる? 理由や交渉のポイントを解説 詳しくは ↓

賃貸の更新時にしれっとハガキに家賃2000円上げますって連絡が来てた。 理由の根拠くれって電話してみたら、やっぱ1000円で良いよって言われていまここ。次の打ち手は?